2015年12月17日木曜日

年末の交通安全県民運動実施中

平成27年12月15日(火)から31日(木)まで
「年末の交通安全県民運動」が実施されています。

運動の重点として・・・
・高齢者と子供の交通事故防止
・夕暮れ時から夜間の交通事故防止
(自発光式反射材等の着用と夕暮れ時早めのライトオンの励行)
・自転車と二輪車の安全利用の推進
となっています。

最近は暗くなる時間もだいぶ早くなりました。
運転者のみなさんは16時になったらライトを点灯するようにしましょう。
「早めのライトオン」で周りの車や歩行者が自車の存在に気が付きやすくなります。
事故のリスクからできるだけ遠ざかるためにも実施してください。

なお、夜間では走行用前照灯(ハイビーム)を効果的に活用しましょう。
当然、対向車や前車があるときには、すれ違い用前照灯(ロービーム)への切り替えは必要ですし、交通量の多い市街地などはロービームを使用しましょう。また霧のときはハイビームでは霧に乱反射して視界が悪くなるので活用方法に留意してください。
なお、最近ではハイビームを状況に応じ自動で調整する車もでてきました。
下向きライトでは前方40メートルまでしか照射しません。上向きライトでは100メートルまで照射します。夜間はハイビームとロービームを上手に使い分けて速度を控えて運転することが重要です。

年末は交通事故が発生しやすくなります。これまで以上に安全運転を心がけてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿